HOME > 畳表を選ぶポイント > 畳表を選ぶポイント

畳表を選ぶポイント

 天然い草の畳表は、夏の高温多湿と冬の低温・乾燥から身を守る保温・除湿機能や、畳の空気清浄作用・芳香による精神的鎮静作用など多くの機能を有しています。これらの素晴らしい機能を持つ畳表の品質は、”い草”の長さ・充実度・重量などによって決まります。 
 畳表を選ぶ際には、できるだけ長持ちする品質の良い畳表を選びたいものです。ここでは畳表を選ぶポイントをみてみましょう。

uemotoomote.jpg

 

 

  • 耐久性の見分け方はい草の先を見ます
  • 数年経過しても綺麗に退色するかはい草の根を見ます
  • いぐさの折り込みの密度の違い
  • いぐさの折り目がまっすぐかどうか?
  • 使われているいぐさの長さによる違い
  • 着色畳と無着色畳の違い
  • 1.耐久性の見分け方


    い草の先が丸い=実入りが良い(耐久性は良い)


    品質が劣る楕円につぶれたもの

    畳表の芽
    畳表に使われているい草の芽とは、製織した端に飛び出て見える部分です。

    選ぶポイント

    より詳しくは<こちら>を参照下さい。茎の断面が丸いほど弾力性があります。茎がつぶれたものは機能的にも劣り、皮向け(毛羽だったようになること)も早い傾向があります。

     

     

    2.数年経過しても綺麗に退色するかの見分け方




    色が均一な「新芽の根」

    新芽だけであれば根の色が黄色がかった白一色に近く、草の粒揃いも良くなります。
    これらの特徴は、原料に長い "い草"を使用している証です。
     


    「古芽が混じった根」 古芽が混じると根の色が赤、茶、黄、白など4〜5色になります。 草の太さも太かったり細かったりしたものが混じります。 古芽は数年後、黒い筋に変わる事があります。


    選ぶポイント

    上級品ほど草の色が均一で、太さもそろっています。新芽は白色で細く、古芽は赤や茶色で太めの草です。<参考:新芽による退色の違い>

    「新芽か古芽か?」

     

     

    3.いぐさの折り込みの密度の違い



    目の詰まった上級品


    中級品


    目の粗い下級品

    選ぶポイント

    重さを比べることで違いが分かります。目が詰まっているほど重たく感じられ、目で見てもいぐさの目が詰まってます

     

     

    4.いぐさの折り目がまっすぐかどうか?





    選ぶポイント

    織り方で見分ける方法を試してみて下さい。上質なほど折り目がまっすぐで、下級品は折り目がずれています。

     

     

    5.使われているいぐさの長さによる違い





    選ぶポイント

    草の長さを比べると畳の品質の目安になります。上質なものは長いいぐさの良い部分を使っています。

     

     

    6.着色畳と無着色畳の違い




    着色畳を拭くと緑色が付着します。


    無着色畳を拭くと染土の色が付きます。

    選ぶポイント

    畳屋さんの許可があればティッシュで実際に拭いてみて下さい。染土が使われていれば緑ではなく茶褐色もしくは灰色(粘土の色)の色が付くでしょう。

    茶褐色は広島の山の泥の色です(備後染土と呼ばれています)。灰色は=淡路島の粘土の色です。
    染土には主にこの2種類がありますので、無着色でも茶褐色がつかないものもあります。



    panfu.jpeg

     

    ランク別退色の違い


     

    織の良さ


     

    イ草の長さ 


    イ草の織込み密度 


    実の充実 


    根元の色(粒揃い)



    TOP